便利に使う

酸素というと体に良いように聞こえるけれど

歯を大切にする

活性酸素というものを知っていますか。 少なくとも酸素を知らない人は現代日本ではほとんど居ないでしょう。 その酸素に活性という文字が付く事で具体的に何が変わるのでしょうか。 まず、酸素というものは私達呼吸をする生き物にとって欠かせないものであるのは間違いありません。 しかしそれは、強力な化学反応を起こす酸素というものを、燃料として使えるようになった進化の賜物なのです。 火が燃えたり、鉄が錆びたりするのは酸化現象という酸素が起こす現象です。 こういった現象が、生物の体に良いものだと思えるでしょうか。 活性酸素とは、この酸化現象を引き起こしやすい、活発な酸素だとイメージして下さい。 そしてこの活性酸素が体の中で増えてしまうと、色々な不具合が発生するのです。 そのため、この活性酸素を抑えるためのサプリメントなどか存在するのです。

簡単なのはサプリメントによる対策

活性酸素が人体にとって有害だと認識されてから、実に様々な対策が考えられています。 その中でもっとも手軽で簡単なのがサプリメントだと言えます。 もともと生物の体には、活性酸素に対抗するための仕組みが長い進化の歴史の中で備わってはいます。 それは特別なことではなく、有名な所ではビタミンCも活性酸素による体の酸化を防ぐ働きをしてくれます。 しかし、最近言われているように、現代人にはビタミン不足などの傾向があり、抗酸化作用をもつ栄養群の摂取も不足しがちです。 そのため、もともとの体の仕組みをしっかりと働かせる為、抗酸化作用を持つ栄養を重点的に補えるようにしたサプリメントが販売されるようになりました。 これらは毎日の食事の栄養面に不安がある方には、とても有効な選択肢だと言えます。