今すぐ活用

体を病気や老いから守るために

歯を削る

活性酸素とは、電子が失われて不安定な状態になった酸素のことです。呼吸によって入ってくる酸素のうち、1〜2%ほどが活性酸素になると言われています。 活性酸素は、体内に入った細菌を攻撃するため、体を守ってくれる存在でもあります。しかし同時に、正常な細胞をも攻撃するので、がんや老化の原因にもなってしまいます。たとえば肌にできるシミも、活性酸素による攻撃で肌細胞が酸化することが原因なのです。 そのため現在は、活性酸素を除去する水素サプリメントなどの健康食品の需要が高まっています。電子が欠けることで活性酸素になるのですから、それに電子を与える抗酸化作用のある健康食品を利用すれば、活性酸素は無害になります。体を病気や老いから守るためには、健康食品は非常に有効なのです。

食べ物をしっかり噛むことや紫外線に気をつけることも大事

酸素は、呼吸だけでなく、食べ物を飲み込む時にも体内に入っていきます。そしてこの酸素からも、活性酸素が発生します。しかし、唾液が多めに体内に入れば、その唾液の中に含まれている酵素によって、活性酸素は除去されます。つまり唾液を多く飲み込みこともまた、体を守るためには有効なことなのです。 唾液を多く出すには、噛む回数を増やすことが大事です。一般的には、1口を30回噛むことが良いとされています。 また、活性酸素は紫外線を浴びると活発になります。つまり紫外線を浴びないようにすることも、有効な対策方法と言えます。 抗酸化作用のある健康食品を利用し、食べ物をしっかり噛んで飲み込むようにし、なおかつ紫外線に気をつければ、体は健康で若々しい状態を維持しやすくなります。