歯は一生付き合っていく大切なパートナー

子供から大人まで

歯科に通う

テレビや雑誌でも取り上げられることの多い活性酸素ですが、これは人間が呼吸をするたびに体内で出来てしまうものです。活性酸素が体内に増えると他の細胞を攻撃し、ダメにしてしまいます。これが肌や内臓の老化へと繋がることになる上に、臓器を痛めてしまうことで癌などに派生することもあります。活性酸素は他の物質を酸化させてしまう効果の高いものであり、いわば人間の体内を錆びた状態に変えてしまうものです。錆びた部分は壊れやすく脆くなりますから、そこから病気になったり体力低下が始まるようになります。
健康な人の体内であれば、活性酸素の効果によって内部も傷ついてしまいますが外部からのウイルスなどを撃退する効果も高く悪い所ばかりではありません。しかし、老化現象が進むことによって活性酸素の力よりも自分の回復能力のほうが劣ってしまうようになると病気や体調不良を連れてくる存在となってしまうのです。

わかっている限りでは、活性酸素によって発声する病気は動脈硬化症、心筋梗塞、脳梗塞などがあります。これは高血圧や動脈硬化症などと関連していますから家系的にそれらの病気にかかっている人が多い場合には要注意です。遺伝的に活性酸素が多い人、体が活性酸素に対して強くない人などもおりますから、病気になってから気づく、対策するのではなく事前に動けるようにしてください。

他にも肺炎やアルツハイマーにアトピーなども活性酸素によって引き起こされる問題だとされています。これは細胞を壊し悪さをする成分ですから、免疫系等を攻撃されることによって様々なアレルギーを発症することも考えられます。子供は特に注意したいですし、大人になってから発症することもありますから活性酸素には気をくばっておく必要があります。

問題が多い活性酸素ですが、これは人間が呼吸をするたびに産まれるものなのです。人間が呼吸して酸素を体内へ入れると、取り入れたぶん全てを使いきってくれると良いのですが、中には使い切れなくて体内に蓄積する酸素も出るようになります。体内にしばらく放置された酸素は酸化し、活性酸素へと変化してしまうのです。人間は呼吸を止めることはできませんから、生きている限り活性酸素との縁は切っても切れないのです。
最近では活性酸素を撃退するためのサプリメントなども登場していますし、水素水を飲むことで体内を綺麗にすることができるという情報もあります。なにかしらの商品を使った対策も有効ではありますが、なによりストレスを蓄積させない生活と健康的な食事、気分転換などが上手にできていれば活性酸素に体内を破壊されてしまうことはある程度防げるようになっています。
また、紫外線を受けることによっても活性酸素は増加するといわれていますから、日焼けにはよくよく注意しておくことも必要となっています。

便利に使う

歯を大切にする

活性酸素は人間の体内で自然と生まれてしまうものですが、サプリメントや生活習慣を見直すことによってある程度発生をおさえたり、消したりすることができるようになっています。病気や老化現象を止めるためにも活性酸素につして知ってください。

もっと読む

コンテンツ

アンチエイジング

治療を受ける

老化現象を止めることができれば健康も美しさも療法てにはいりますが、それはできません。しかし、活性酸素さえ抑えることができれば、老化現象の進行をある程度止めること、緩やかにすることはできるようになります。

現代社会

きれいな歯

日本人はストレスにまみれて生活しています。ストレスが多いと体内に存在する活性酸素の量も多くなってしまいますから、できる限りストレスを貯めず、快適な毎日を過ごしていけるようにしなければいけません。

今すぐ活用

歯を削る

雑誌やテレビでもよく見かける活性酸素を利用することにより、病気や老化現象を予防していけるようになります。日常的にできる簡単なことから活性酸素は打ち消すことができるようになっており、手間やお金はかかりません。

関連リンク

ナビゲーション